10395円 フィデリックス ヘッドシェル(発展タイプ) FIDELIX MITCHAKU-Z 返品種別A テレビ、オーディオ、カメラ オーディオ機器 その他オーディオ機器アクセサリー 10395円 フィデリックス ヘッドシェル(発展タイプ) FIDELIX MITCHAKU-Z 返品種別A テレビ、オーディオ、カメラ オーディオ機器 その他オーディオ機器アクセサリー フィデリックス ヘッドシェル 発展タイプ 返品種別A 今だけスーパーセール限定 MITCHAKU-Z FIDELIX drvivekgupta.com,ヘッドシェル(発展タイプ),10395円,テレビ、オーディオ、カメラ , オーディオ機器 , その他オーディオ機器アクセサリー,/interpolymer481453.html,フィデリックス,返品種別A,MITCHAKU-Z,FIDELIX フィデリックス ヘッドシェル 発展タイプ 返品種別A 今だけスーパーセール限定 MITCHAKU-Z FIDELIX drvivekgupta.com,ヘッドシェル(発展タイプ),10395円,テレビ、オーディオ、カメラ , オーディオ機器 , その他オーディオ機器アクセサリー,/interpolymer481453.html,フィデリックス,返品種別A,MITCHAKU-Z,FIDELIX

フィデリックス ヘッドシェル 発展タイプ 返品種別A 今だけスーパーセール限定 好評 MITCHAKU-Z FIDELIX

フィデリックス ヘッドシェル(発展タイプ) FIDELIX MITCHAKU-Z 返品種別A

10395円

フィデリックス ヘッドシェル(発展タイプ) FIDELIX MITCHAKU-Z 返品種別A

在庫状況:入荷次第出荷/※本機は微調整が必要なため、ベテランのアナログオーディオファンにお勧めします。◆FIDELIXのピュアストレートアーム(0 SideForce)の理想をS字アームで実現する発展形のヘッドシェル◆口金とカートリッジが短い距離でシンプルに結合し、MITCHAKU構造と相まって非常に強固で共振も回避◆シェルリード線の線材はこだわってPCOCCAを使用◆自重:約14g相当/[MITCHAKUZ]

【在庫状況:入荷次第出荷】

MITCHAKUZ

2018年09月 発売

「担当者のコメント」

★何と、かのピュアストレート型トーンアーム、フィデリックスの「0 SideForce」と同等の性能を、S字型アームでも実現しようと開発されたヘッドシェルです。「0 SideForce」は、アナログファンの間では究極のトーンアームとして、発売以来大ヒットを続けています。本機はオフセット角をつけた一般的なトーンアームでも、ピュアストレートアームのサウンドを実現すべく開発された発展型のヘッドシェルです。そのサウンドは、低音楽器の明瞭度、力強さ、深さが圧倒的・劇的で、地を這うような揺るぎない迫力で低音が再現されるのです。オーディオマニアがかつて、オーディオ再生における最終目標とした、マスターテープの音のような安定感のある充実したアナログサウンドが実現するのです。※ご注意:本機は微調整が必要なため、ベテランのアナログオーディオファンにのみお勧めしています。さらに詳しくは、ハイエンドオーディオスタッフブログまで!

★ FIDELIXのピュアストレートアーム「0 SideForce」の理想をS字アームで実現する発展形のヘッドシェル  〜「MITCHAKU-Z」と名付けた理由は、シェルリード線の形がZ形になるから〜 ◆いろんな角度のアームに対応するため、カートリッジ取り付け用の二本の長穴はいくらか穴の幅を広めにしてあり、角度をある程度は斜めに取り付けられるようになっています。◆構造は口金とカートリッジが短い距離でシンプルに結合するのでMITCHAKU構造と相まってとても強固で、共振も起こりにくくなっています。◆シェルリード線の線材はこだわってPCOCCAを使用しています。◆板部分は硬質アルミの4 厚なのでしっかりしており、重量はリード線込みで16gです。〜有効長が短くなるので、等価質量は14g相当に減ると考えて良いでしょう。◆デジタル針圧計を使用するのが前提ですが、カウンターウエイトの目盛りで合わすなら15%ほど低めに設定して下さい。【「MITCHAKU-Z」の取り付け位置による違い】カートリッジを外側に設置した場合、普通のアームならほぼ良さそうですがテクニクスのSL-1200シリーズ等はアームが最後の溝まで動いてくれません。またスタビライザーを使う場合には当たってしまう可能性があります。前述の場合も想定して180度回転できます。カートリッジを内周側に設置しています。
「FIDELIXのコメント」

「0 SideForce」は1.01ポイントと名付けた軸受と軸受の下20mmの点と針先の3点による安定構造です。POINT ONEで有名な英国のLEAK社が古くに考案し、それを知って加藤研究所やスタックスやサテン音響も作りました。オーディオ愛好家である大沢久司氏もこの方法で作っています。普及しない理由は、一般の人が手で持ったときにガタを感じるからです。でも演奏状態に入ればガタの無い極めて安定で明確な動作をします。誤解を恐れるあまりに避けられている構造といえます。なお、「0 SideForce」はステンレスパイプと宝石軸受による強固な保持力も持っているので、カートリッジの本領を発揮しやすいのです。FIDELIX メーカーページ「トーンアームとターンテーブル2(曲がったアームの動作)」の YouTube動画「offset tonearm」「pure straight tonearm」でご確認下さい。

「返品種別」について詳しくはこちら

※本機は微調整が必要なため、ベテランのアナログオーディオファンにお勧めします。

フィデリックス ヘッドシェル(発展タイプ) FIDELIX MITCHAKU-Z 返品種別A

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

配信予定一覧